【note京都マガジン】クラシックな「時」を楽しみながら~喫茶で楽しむ京都~