【漫画制作】成美堂出版『マンガ 日本の歴史: 天下統一と関ヶ原 (5)』

成美堂出版様より7月30日に発売された『マンガ 日本の歴史: 天下統一と関ヶ原 (5)』の第二章「安土桃山時代② 秀吉の天下統一」のラフ、線画までを担当させていただきました。

メインキャラクターデザイナー様の絵柄に寄せて描くということ、構図は既に決まっている状態からの制作ということで、難しい部分もあった制作となりましたが、歴史好きの私にとって新たに勉強する部分あり、今の解釈はこうなのかと知る面白さもあり、とても楽しかったです。

彩色を担当してくださいました方、ありがとうございました。

来年の大河『麒麟がくる』ではファンである佐々木蔵之介さんが豊臣秀吉を演じられますが、この漫画を描いていた頃はまだ発表されておらず、驚きと同時に嬉しくなりました(笑)。

戦国時代では幼名や武将同士の繋がり、主従関係がちょっと難しいなと思います。こちらの本では、領地の変遷や家系図、制度などもコラムでとてもわかりやすく解説されており、大河前の勉強にも、新しく戦国を知りたいと思う方にも大変わかりやすい一冊となっていると思います。

ぜひ、お手に取ってご覧いただけたら嬉しいです。

歴史系のお仕事は毎回、“諸説”のどれを採用しているのか、“今”は何が通説とされているのか、まったく知らなかったことなどを勉強することもでき、とても楽しいです。
歴史系のお仕事、特に大歓迎です!

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。