Tree`s Garden -Riyoko Kisaki-

デザイン・WEB・漫画制作・ゲーム関連・ナレーターなどで活動する個人事業主・樹咲リヨコのサイトです

Tripnote

エンタメ コラム

異世界に迷い込む。極上エンターテインメント『ギア-GEAR-』

こんにちは、樹咲です。

イベントの多い秋。まだ紅葉らしい紅葉のニュースは耳に入ってきませんが、そろそろ山々も色づく頃合いでしょうか。

秋といえば、芸術の秋でもありますね。
今回は、現在まででなんと2500回という、京都で超ロングラン公演をされている大人気エンターテインメント『ギア-GEAR-(以下ギア)』をご紹介させていただきます。京都で出逢える感動エンターテイメント『ギア-GEAR-』日本発!日本初!大人も子どもも夢中になれる、京都の感動エンターテイメント『ギア-GEAR-』は、絶賛ロングラン公演中!「ノwww.gear.ac

———————————————————————-

ノンバーバル…?なかなか耳慣れない言葉ですよね。

日本発×日本初のノンバーバル(=言葉に頼らない)パフォーマンス『ギア-GEAR-』。
光や映像と連動したマイム、ブレイクダンス、マジック、ジャグリングによる迫力のパフォーマンスで感動のストーリーを描くと共に、セリフを使わない “ノンバーバル”という演出により、小さなお子さまから大人まで、そして外国の方までもが、言葉の壁を越えて楽しんでいただけます。
ギア公式サイトより抜粋)

ノンバーバルとはギア公式サイトでも説明されている通り「言葉に頼らない」こと。この作品はマイムやブレイクダンス、マジック、ジャグリングが登場。客席まで巻き込み、大きな物語となるのです。

———————————————————————-

言葉は必要ない。だからこそ、“世界共通で”楽しめる。

この「ギア」、実は私が最初に知るきっかけとなったのが「外国人に人気の京都スポット特集」によるものでした。

三条のとあるビルに、外国人が集まるスポットがある…。

その場所は、1928ビル
1928年武田五一氏の設計により、大阪毎日新聞社京都支局ビルとして建築され、アール・デコの影響が認められ京都市登録有形文化財に登録されているビルです。
そのビルの中に吸い込まれていく人々…。

星型の窓やバルコニー、入り口の柱のランプがなんとも素敵!

もちろん、京都には神社仏閣以外にも外国人観光客に大人気のスポットが様々あります。旅行に行く時は、その国・その街の観光スポットをガッツリ調べて行くことが多いかと思います。

しかし、どうやらその目的は演劇(?)のよう。
歌舞伎や能などの伝統芸能ではなく…?
しかも100席の劇場はいつも満席で、超ロングランなのだとか。
一体どんな作品が…?

———————————————————————-

それは、“奇跡”の物語。

人の心が起こす、再生の奇跡
人間型ロボット「ロボロイド」が働き続ける、忘れ去られた古い元おもちゃ工場。
人間が去った今も働き続けるロボロイドたちの前に、かつてこの工場で作られていたおもちゃの人形「ドール」が現れる。
ロボロイドは、異物に対する解析機能を通じて、ドールと触れ合い、ドールが持つ不思議な力により、
思わぬ能力を発揮する。
一方、ドールはロボロイドたちとの「遊び」を通じて、少しずつ人間に近づいていく。
そんな楽しそうな時間もつかの間、あることをきっかけに工場が大暴走を起こしてしまう。
そして……

永い永い時が経ちとっくに忘れられた工場で、ただただ働き続けるロボットたち。

音楽と光、パフォーマンス。
生き生きと動き回るキャラクターたちの全身の動きと表情。
ロボットである彼らがまさに「生きる」その瞬間を目撃し、時間を共にします。

また舞台でその輝きを放つのはそれぞれの演者でありパフォーマーのソロタイム。
ロボットたちが、自身の“心”や“生”を得て自由に羽ばたくその様は、言葉の壁を易々と越え私たちに“想い”を届けてくれます。

マイム、ブレイクダンス、マジック、ジャグリング…。そして人形の少女も。鍛え上げられ磨き上げられたプロフェッショナルのその技に、思わず「わぁっ」と声が出てしまうことでしょう。

言葉の壁がないことで、観た人それぞれの世界でセリフやイメージが頭の中で豊かに膨らみ喜怒哀楽という人間共通の感情が動かされ、また一体感も感じられる――そんな空間が誕生するのです。

———————————————————————-

美しいスチームパンクの世界観にも注目!

場内の撮影が禁止のため写真をお見せできないのが残念なのですが、ギアはその世界観にも大注目です。

舞台セットを手がけられたのは柴田隆弘氏。
日本で唯一の舞台美術専門の賞「第43回伊藤熹朔賞」を受賞した方であり、劇場に一歩足を踏み入れると、そこはもう憧れのスチームパンクの世界が広がります。

歯車とか、蒸気とか、錆びついたファンとか…ドキドキ!

細かい仕掛け、大掛かりな仕掛け。
そんな世界と融合する光と音にも、ぜひご注目ください!

———————————————————————-

様々な芸術が息づく街、京都。

レトロなビルで異世界を楽しみ、終演後は三条のカフェでゆったりとくつろぐ…そんな休日も良いかもしれませんね。

京都で出逢える感動エンターテイメント『ギア-GEAR-』日本発!日本初!大人も子どもも夢中になれる、京都の感動エンターテイメント『ギア-GEAR-』は、絶賛ロングラン公演中!「ノwww.gear.ac